PMS時期の肌荒れ対処法。焦って過剰ケアするより、○○してみよう! PMS時期の肌荒れ対処法。焦って過剰ケアするより、○○してみよう!
画像出典: fotolia

【PMS時期の肌荒れ対処法】焦って過剰ケアするより○○してみる!?

2017年02月26日
毎月、肌荒れが著しくヒドくなる時期ってありませんか?よくよく冷静に考えてみると、共通して生理前かもしれません。そう、一生懸命スキンケアをしていたとしても、ホルモンバランスが原因であれば少し見方を変えてみるのも良さそうです。

2つの女性ホルモンを把握しよう

まず始めに、あの不安定な肌になる原因を探っていきたいと思います。実は筆者自身、PMS時期のニキビが顕著に現れるタイプ。

日頃から自分に合ったスキンケアを心がけてはいるものの、なぜかある一定期間だけは、お肌がワガママな状態になってしまうのです。そこで生理前に起こっているホルモンの流れについて、おさらいしてみましょう!

<女性ホルモンの変化について>
1.卵胞ホルモン
→生理後から増え始め、排卵日に向かって増加。

2.黄体ホルモン
→排卵日以降に増え、基礎体温を上昇させたり、水分を溜め込んだりする。

上記のように、この2つのホルモンが緩やかにカーブを描いて入り混じっていくわけですが、ちょうど交わっていく時期がPMSになりやすいと言われています。

ホルモンの変化の図
画像出典: fotolia

なぜ生理前は、肌荒れするの?

上記の内容を踏まえて、お肌について考えていきたいと思います。だいたい肌荒れが起こる時期は、排卵日を超えたあたり。黄体ホルモンが関係しているということになります。このホルモンには、体温上昇の他にも皮脂分泌が活発になる性質があり、ニキビを作る原因にも。

または卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスを崩すことで、起こる場合もあります。

ニキビのイメージ
画像出典: fotolia

一時的なものなら、ちょっと放置がオススメ

過去に、PMS時期に「ニキビができた!肌荒れがすごい!」と、慌てて過剰スキンケアに走っていたことがありました。

しかし私が思う結論は、一時的なホルモンバランスの乱れによって起こる肌トラブルであれば、何もせずに通常ケアで過ごしてみるということです。

生理が始まったら意外と肌が落ち着いた!なんて経験はありませんか?トラブルが起きたら焦ってしまう気持ちもよく理解できますが、重要なポイントは「なぜ今できているのか」と原因を把握することだと思います。

日頃美意識高くケアされている方は、放置することが逆に勇気が必要かもしれません。対策する前にワンクッションを置いてみてはいかがでしょう♡

執筆者:
HARAKO

LINE@で美LAB.を

友だち追加数