【女について考える】「実年齢に追いつけない」と焦りを感じたらすべきこと 【女について考える】「実年齢に追いつけない」と焦りを感じたらすべきこと
画像出典: fotolia

【女について考える】実年齢に追いつけない焦りを感じたらすべきこと

2017年03月24日
こんにちは、コラムニストの愛子です!10代の頃に想像していた30歳、40歳って、もっと大人で、当時の予定ではもっとキラキラ輝いているはずだったのに……。と焦りを感じている女性は多いのではないでしょうか。第二回目の「女について考える」では、そんなときにすべきことをご紹介します。

1:やりたいことを始める

本当はやりたいのに、忙しい、金銭的に余裕がないとずっとやれていないことはありませんか?そして「今更始めてもな~」と諦めてしまっていませんか?それでは年齢を重ねるごとに、後悔や焦りが膨らむ一方です。

今からでも決して遅くはありません。大人になってからバレエやピアノを始めても、ダンスや歌を習っても、英語を始めても、留学したっていいんです。「下手くそだから」「似合わないから」も、もう止めましょう。今やりたいことを始めれば、10年後の自分はきっと、今の自分にありがとうって言いたくなるはず!

バレエをはじめるイメージ
画像出典: fotolia

2:今やっていることを極める

1でご紹介したのは、やりたいのにやれていないことがある場合のお話です。特にやりたいこともガマンしていることもないけど、今の自分に満足できないという方もいらっしゃると思います。

そういう方は、今やっていることの価値に気付くときなのかもしれません。生活のために続けてきた仕事や、趣味でなんとなく本を読んだり知識を蓄えたりしてきた分野……。それって十分特技と言えるのです。

例え特別高い志を持って続けたきたわけでなくても、長年続けていることがあるなら、それは誇れることで、きっと人からは凄いと思われていることだってあるでしょう。改めて、今までやってきたことを、愛を持って見つめ直してみてください。そして今から、本格的に今の仕事や興味のある分野を極めると覚悟しましょう! 

読書のイメージ
画像出典: fotolia

大丈夫、年齢分の経験値はちゃんとある!

自分よりうんと若くて活躍されている女性を見ると、つい「あぁ、無駄に年だけ取ってしまった」なんて思ってしまうことはありませんか?私は時々あります(笑)。でも大丈夫。そう思ってしまう日があっても、ちゃんと年齢分、経験値は確かに上がっているのです

「そんなことない、ただボーっと過ごしてきちゃったよ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。でもそんなことはないのです。ただボーっとやり過ごしたかのように思うその日々からだって、学んだことは確実にあって、知らず知らずのうちにあなたの血となり肉となっているのですから。

自分らしく人生を楽しんでいる人と、退屈な日々をただなんとなく過ごしてしまっている人の違いは、自分に目覚めているかどうか。それだけなのではないでしょうか?

「私はコレが好きで、これが嫌いなんだ」「こんな人生を送りたいんだ」そんなことが明確になればなるほど、誰のものでもない、あなたの人生が動き出すのです。そうなれば、そのとき必ず気づくはず。「あぁ私、今までだって、ちゃんと生きてきたんだ」って。温めてきた色んなものが、意外なところで役立つ日は、そう遠くないのではないでしょうか。

人生を楽しむイメージ
画像出典: fotolia

おわりに

「女について考える」というメインテーマの元、毎回サブテーマを決めてコラムをお届けしています。次回もぜひご覧ください。

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数