大人はハイセンスなチョコを選ぶ!アラサー世代の高級チョコ3選 大人はハイセンスなチョコを選ぶ!アラサー世代の高級チョコ3選
画像出典: fotolia

アラサー世代の高級チョコ3選!大人はハイセンスなチョコを選ぶ

2017年02月04日
もうすぐバレンタイン♡この時期になると、日本全国では史上最高のショコラが集結します。つい、彼に送るチョコよりも自分ご褒美のために買うチョコに心血を注いでしまうぐらい!しかし一方であまりにもブランドがあり過ぎて、どこのブランドが良いのか、何がおすすめなのか分からないのも事実ですよね。今回は特にショコラ好きがオススメする、3ブランドのハイセンスショコラをご紹介いたします。

1. アンリ・ルルー

2017年で40周年を迎えるアンリ・ルルー
創始者のアンリ・ルルーはショコラティでありながら、キャラメリエでもあることから、お店にはショコラの他に甘くとろけるキャラメルも常に常駐しています。チョコレートの文化水準が高いスイスの製法を初めてフランスに取り入れたアンリ・ルルーはフランスではショコラ界の父とも呼ばれています。

何層にも渡る深い食感と味わいが一口食べれば口に広がるアンリ・ルルーのショコラで、今年は上質なバレンタインを演出するのはいかがでしょうか。また、バレンタイン時期のコレクションパッケージもすごくお洒落で、ギフトに最適です。

2. ピエール・マルコリーニ

ショコラ好きならお馴染み、ピエール・マルコリーニ
ベルギー生まれのショコラティエ、ピエールマルコリーニが他のショコラティエと大きく違う所は、カカオの仕入れから選別、焙煎や精錬その全ての肯定を自分でこだわって厳選していることです。

チョコレートの原材料となるカカオ豆が育つ気候・風土・環境を観察し、最適なカカオ豆を選出することで、口当たりが滑らか且つ香り高く、上品な味わいのショコラが作れるのです。

そんなピエールマルコリーニ2017年のバレンタインコレクションは、幸せを運ぶLady Bird(てんとう虫が)アイコンキャラクターでとってもキュート♡まずは定番中の定番を押さえたいなら、このブランドに是非足を運んでみてください。

3.ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ

パティシエとしても有名な辻口博啓氏が創作するショコラブランド。辻口博啓と言えばスイーツ好きなら一度は耳にしたことがあるほど、日本のスイーツ界において権威ある存在のパティシエ。独特な食感と日本人らしい和のテイストを取り入れた味わいは、どこか懐かしさを感じます。

昨年は、お味噌や納豆という日本古来から根付く発酵食品を使用したショコラが、世界的有名なチョコの祭典サロンデュショコラの品評会で高い評価を得ています。2017年はこのショコラで、ワンランク上のバレンタインデイを過ごしてはいかが?

“本物のショコラ”を知る大人のバレンタイン

どんなにチョコレートが好きでも毎日、高級なチョコレートに手を出すことはなかなか出来ません。しかし、バレンタインというイベントに乗じて、いつもよりもランクの高いチョコレートを味わってみる。これも大人ならではの楽しみ方ですよね。

また、何に対しても本物の職人の技を知ることはとても大切なこと。格の高いショコラをご自身の舌で感じ、違いを知れる女性を目指しましょう。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数