好きって言えない…!好きなカレに好き以外で好意を伝えよ♡ 好きって言えない…!好きなカレに好き以外で好意を伝えよ♡
画像出典: fotolia

好きって言えない…!好きなカレにこっそり好意を伝える方法♡3つ

2017年02月20日
素直に気持ちを伝えられたら苦労はない。大人だって恋に対して臆病なのは一緒…。むしろ年齢が重なる分だけ、傷つくのが恐くって先へ進めないものですよね。とはいえ、進展したいならやっぱりアピールは必須です。そこで今回は、好きと言わずに好きを伝える的確フレーズをご紹介いたします♡

1.「〇〇君のそういう所…いいよね♡」

このフレーズは面と向かって伝える方が効果があります。不器用だけど一生懸命な彼の、真面目で誠実な部分を見た時に「〇〇君って不器用だよね。でも…そういう所がいいんだよね♡」と少し間を置いて伝えると効果あり

ここで更にニコッと笑顔で微笑むことで思わず彼もこの台詞にドキっとしちゃうかも?

好きとも言わない、何とも恋愛の駆け引きを感じるニュアンスの台詞を、上手く使いこなして彼をドキドキさせちゃいましょう。

恋しているイメージ
画像出典: fotolia

2.「〇〇君の彼女になれる子が羨ましいな」

打って変わってこちらは、ストレートに伝える戦法。こんな台詞、簡単に言えたら好きなんて言葉も直接言えちゃいますよね。好きな人を目の前にこんなフレーズ言えない!と思うかもしれませんが、安心してください。「好き」とは言ってませんので思いの外、ここまで直球に言っても大丈夫

むしろこの位、言わないと伝わらないものです。それでも直接は無理!という方はLINEでふとした時に伝えてみても良いかと思います。

3.「も~、〇〇君かっこ良すぎ!」

サバサバ系女子にオススメなのが、直球な褒め言葉を自然に言う台詞。仲の良い関係って冗談も色々言えるけれど、反対に恋愛らしいムードになりにくいですよね。だから、そのまま友達関係を続けると「お前とは恋愛とか考えたことない」みたいに言われてしまうんです。

やっぱり女性として意識してもらうには、彼を男として見ているという気持ちを伝えることには始まりません。そこで有効な台詞が「カッコいい」です。何だかんだ言っても、男らしくてカッコいいよね~と、サラっとふとした時に言えるのがとっても大事!

男性を褒めるイメージ
画像出典: fotolia

好きと言わずして好意をストレートに!

好きだけど思いが届かない…。なんていう方の中には、好意が遠回し過ぎることが原因の一つかもしれません。

恋愛に対して積極的な方は、逆にストレート過ぎてしまって、男性がたじろいでしまうという場合もあるので、控えめに且つしっかり好意を出す!

このさじ加減を上手く出すことが出来れば、更に恋愛がスムーズに行くかもしれませんね♡

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい