特別な日には特別な私を演出する♡品良く色っぽコーデテク 特別な日には特別な私を演出する♡品良く色っぽコーデテク
画像出典: fotolia

特別な日には、特別な私を演出する♡品良く色っぽコーデテク

2017年02月15日
好きな人との時間はいつだって特別な日。ご飯を食べに行くにしても、映画にしても、ただのお茶にしても。ちょっとしたことが全部大事に思えるし、彼にも同じ気持ちでいてもらいたい!それが恋する女ってやつですよね♡そんな特別な日にはどんな服装をして出かけましょうか。大人のファッションに正解がもしあるとするならば…やっぱり品良く色っぽコーデの一択!そこで今回は品良く色っぽコーデのコツをご紹介いたします。

1.シルク素材を取り入れる

大人の品格は服の素材に表れます。例えば、白いシャツ一枚とっても綿麻で作られているもの、絹で作られているものでは、同じデザインであっても全く違う印象になります

出来る限りご自身を品良く見せたいならば極力光沢感があって、滑らかな肌触りの素材を取り入れることをオススメします。

特にシルク素材のシャツやスカート、スカーフなどは一枚あると大変便利です。

シルクのスカートのイメージ
画像出典: fotolia

2.鎖骨見せ&一粒ネックレス

大人の女は胸より鎖骨を見せるがキモ。やっぱり、全く隙のない服装でガチガチに固めてしまうと、堅苦しさを感じるところですが、品良く鎖骨だけサラリと肌見せすることで、適度な若々しさも上手に表現出来ます

オフショルだと少し肌を出しすぎな印象なので、出来れば大人シックなブラウンやネイビーのVネックニットがオススメです。そこに一粒のキラリと光るネックレスをONすれば、大人のお姉さんらしくって思わずキュン♡

一粒ネックレスのイメージ
画像出典: fotolia

3.色気は丈の長さではなくスリットで

スカートの丈の長さは短い方が色っぽい?というよりも、スカートが短い方が逆に子供っぽい印象になってしまいます。

大人の女性は長い丈のスカートをさらりと上品に履いてこそ、隠された美しさが光るというものです。とはいえ、足首まであるロングスカートだとちょっとカジュアル過ぎる印象です。

可能であれば、膝下丈でふくらはぎの中心部が隠れる程度の長さ。加えてここにスリットが入ると尚更GOODです♡風で舞ったスリットからチラリと足が見える姿に、男性はもうドキドキ!

高級感とスキを見せる

品良く色っぽいコーデの極意、それは素材の良い服と、適度な露出を感じさせる服装。出過ぎた見せ方はしないのに、頑張れば見えちゃいそうなチラリズムがある服のことです。

Vネックやスリット入りのスカートはまさに大人の女の味方アイテムですので是非取り入れてくださいね。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい