私って・・・遊びなの?白黒ハッキリつけない男の本音とは 私って・・・遊びなの?白黒ハッキリつけない男の本音とは
画像出典: fotolia

私って、遊びなの?白黒ハッキリつけない男の本音とは

2017年02月08日
何故か大人になると付き合うという概念が曖昧になる。雰囲気で流されて一線を越えてから時折、ご飯を食べる関係だけど…。これが付き合っているのかそうでないのか分からない!連絡は来るけれど、既読スルーもよくある。このように、体の関係はあるけれどハッキリと付き合っているわけじゃない間柄が、一番ヤキモキしますよね。そこで今回は白黒ハッキリつけない男の本音を探りたいと思います。

男の本音(1) 「言葉にしなくても分かるじゃん?」

いい大人の男が「付き合って欲しい」ってなんか学生みたいじゃない?』なんていう意見も実は多くあります。彼の友人に彼女として紹介された時に初めて自分が“彼女なんだ”と認識したという女性もいるほど!

こういう場合はホッと安心しますが、中にはセフレ扱いする男性もいるのだから、ちゃんと彼女として考えているのか言葉で説明はして欲しいものですよね…。しかし、このことから彼がプライベートの友人や身内にアナタを紹介してくれるならば、言葉はなくとも彼女として考えている場合が大いにありそうですよ!

言葉にしないイメージ
画像出典: fotolia

男の本音(2) 「彼女って感じの子ではないな…」

ちょっと良いなと思って、お酒の勢いで一線を越えたけれど…、でも付き合うのとは違うなぁ。と男性側が考えている場合においても曖昧な関係が成立します。この場合は夜の営み以外では積極的にコミュニケーションを取らなかったり、一夜明けた朝になると急にそっけなくなる傾向があります。

要は都合の良い時だけ甘えてくるならば、この関係は黄色信号です。

もちろん、体の関係になるくらいなので女性側には少なくとも魅力を感じてはいますが、そこから先の人としての信頼関係を構築しないと、彼女への昇格は難しそうです。

良い所で見切りをつけるか、本命へ昇格する一縷(いちる)の望みにかけるか…ご自身の目でしっかり判断していきましょう。

曖昧な関係のイメージ
画像出典: fotolia

彼任せにしていると、大事な時間が過ぎて行く!

二人の関係をハッキリさせたい!そう思う一方で、関係が壊れてしまうのが恐いのもあります。ですが、彼任せにしていればいるだけ、ハッキリしないだけで時間が過ぎていきます

もし、ここで関係が壊れてしまうなら。それはアナタにとって、その程度の男だったのです。もっと他に素晴らしい男性がその後に現れるかもしれません。そんな未来の為にも、しかるべきタイミングで関係性を明確しておきましょう。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数