自分を知りたければ寝相をチェック!寝ているときの姿勢でわかる深層心理 自分を知りたければ寝相をチェック!寝ているときの姿勢でわかる深層心理
画像出典: fotolia

あなたの寝相はどのタイプ?寝ているときの姿勢でわかる深層心理

2017年02月23日
こんにちは、コラムニストの愛子です!眠るときの姿勢はいつも同じですか?それとも日によって違うでしょうか。実は眠るときの姿勢には、その人の性格や深層心理が表れるのです。ストレスが溜まっているかなどもわかりますので、ぜひチェックしてみてください。

寝相で性格や心理状態がわかる

アメリカの精神分析医サミュエル・ダンケル氏は、多くの患者を分析した結果、寝相(スリープ・ポジション)からその人の性格や、そのときの心の状態が読み取れると述べました。寝ている間は無意識ですから、その人の本質が表れやすいのです。

ご家族や恋人と一緒にお住まいなら、ぜひ寝相をチェックしてもらってみてください。ひとり暮らしの方は、起きたときの寝相を覚えておきましょう。また、もし寝付く前にいつもとりたくなる姿勢があれば、それがあなたの性格や今の心理状態を表している寝相のはずです。

寝相7タイプ

【胎児型】・・・胎児のように、膝を深く曲げ横向けの姿勢
依存心や自己防衛本能の表れです。この姿勢で眠りたくなるときは、誰かに頼りたい、甘えたいという気持ちが強まっているのかもしれません。ご自分を十分に労わってあげてください。甘えられる人がいるなら素直に助けを求めましょう。

胎児型のイメージ
画像出典: fotolia

【うつぶせ】・・・うつ伏せの姿勢
支配欲が強い人に多い寝相です。また保守的で几帳面な人にも多い姿勢。うつぶせで眠りたくなるときは、自分中心の考え方になっていたり、神経質になっていたりするのかも。

【スフィンクス型】・・・膝をつき背中を丸め、お尻を高く上げた姿勢
子どもに多い寝相。不眠症の人がよくとる姿勢でもあります。

【仰向け】・・・仰向けの姿勢
自信家の人や個性的な人に多い寝相です。仰向けで眠りたくなるときは、自信に満ち溢れているときなのかもしれません。

画像出典: fotolia

【抱きつき型】・・・枕やふとんなどに抱きつく
欲求不満の表れ。この姿勢で眠りたくなるときは、何か思い通りにならないことがあるのかもしれません。

【鎖につながれた囚人】・・・片方の膝を曲げて、足首(くるぶし)を重ねる
足首(くるぶし)を重ねるところに、強い不安が表れています。大きな悩みごとがあるのではないでしょうか? 無理をせず誰かに相談したり、休みをとったり、心のケアをしてあげてください。

【半胎児型】・・・膝を軽く曲げ横向けの姿勢
バランスがとれた性格の人に多い寝相です。内臓を守りやすい姿勢で、良い寝相と言えるでしょう。大きなストレスを感じることなく安定している証しです。

画像出典: fotolia

おわりに

いかがでしたか?いつも同じ姿勢で眠る方もいれば、日によって寝相が変わる方もいらっしゃるかと思います。因みに私の場合は、究極に落ち込んだときはいつも胎児型で眠りたくなります。誰かに甘えたいと感じているのでしょうね。そんな姿勢で眠った次の日は、母に電話で愚痴を聞いてもらうこともしばしば(笑)。性格や心理状態を知ることで、ご自分に合った対処ができるのではないでしょうか。

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい