メイクノリが悪いのはメイク道具のせい!?きちんとお手入れして仕上がり度アップ! メイクノリが悪いのはメイク道具のせい!?きちんとお手入れして仕上がり度アップ!
画像出典: fotolia

メイクノリが悪いのはアレのせい?ひと手間かければ仕上がり度アップ!

2017年01月28日
最近メイクノリが悪いと感じているあなた。肌の手入れもきちんとしているのになんで…と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。その原因は、メイク道具の汚れにあるのかもしれません。正しくお手入れして、よりキレイな仕上がりを楽しんでみませんか?

メイク道具のお手入れをしていなかったらメイクノリが悪くなる?

肌荒れしていたり、体調が悪かったりするとメイクノリが悪くなりますよね。しかし、そういった肌も体調も快調なのにメイクノリが悪い…。そんな経験はありませんか?それはもしかしたら、メイク道具を正しくお手入れしていないからかもしれません。

メイク道具をお手入れしていないと、そこに肌の皮脂やコスメのパウダーがついてしまい、固まることがあります。そうなると、メイクが均等につかなくなってしまい、メイクノリが悪くなる可能性があるのです。

また、汗や老廃物などがメイク道具に蓄積されていくと、雑菌が繁殖してしまうことにも。肌トラブルにつながってしまう恐れもあるのです。

メイクノリだけでなく、肌のためにもきちんとメイク道具をお手入れしてみませんか?もっとキレイな仕上がりを目指せるはずですよ。

メイク道具を気にするイメージ
画像出典: fotolia

いつも清潔に!メイク道具のお手入れ方法はこれ

メイク道具は、アイテムによってお手入れ方法が異なります。アイテム別に、正しいお手入れ方法をご紹介します。

まずはメイクブラシ。使用後は、ティッシュに色がつかなくなるまで拭ってください。普段のお手入れはこれで充分です。ただし、1年に1度はスペシャルお手入れを。

ブラシを充分に濡らして、固形石鹸の上で往復させます。そして、石鹸が残らないように水洗いしてください。このとき、毛を傷めないように優しく洗うのが長持ちさせるコツです。水洗いしたら、毛をコームでとかして寝かせたまま乾燥させます。両面が乾くようにひっくり返して乾かしましょう。

メイクブラシのイメージ
画像出典: fotolia

スポンジやパフは、ファンデーションやフェイスパウダーのノリが悪くなってきたら洗いどきです。洗顔フォームをスポンジまたはパフにつけ、泡立てるようにしてしっかりと洗いましょう。洗顔フォームの変わりにクレンジングオイルを使っても良いですよ。

水で洗い流すときは、握って中まで染み込んだ洗顔料をきちんと落とします。完全に落とせたら、軽く絞って水を切ってください。そして、完全に乾くまで平干ししましょう。

スポンジのイメージ
画像出典: fotolia

チップも石鹸で汚れを落とします。先を揉むようにして水洗いしてくださいね。洗った後はティッシュで水気を取り、完全に乾かしましょう。このお手入れは1週間に1度が目安です。

お手入れをしてこそメイクがきちんとできる!これからは道具も大切に

お手入れをきちんとしてこなかった方にとっては、少し面倒に感じるかもしれません。しかし、メイクノリや肌への影響を考えると正しくお手入れをしたいですよね。ひと手間かけてあげて、メイク道具も大切にしましょう。キレイな道具を使ってメイクをすると、仕上がりもフレッシュになるはずです。

執筆者:
西田 彩花

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい