お隣の指先がちょっと気になる!?様々なネイルの好みを探ります! お隣の指先がちょっと気になる!?様々なネイルの好みを探ります!
画像出典: fotolia

お隣の指先が気になっちゃう!みんなのネイルの好みをチェック♡

2016年12月07日
たくさんあるネイルのデザインから選ぶとき、なぜかいつも同じ感じのデザインに目が行くことありませんか。それはたぶん「好きなデザイン」が落ち着くからかも。好みの気分のいいネイルは仕事にもパワーをくれますよね。でもこの「好きなデザイン」は人それぞれで、全くちがうところが気になりませんか?他人がどんなネイルを好きなのかちょっと覗いてみましょう。

ヌーディーなネイルが好き

肌馴染みのいい一色で仕上げたネイルは清潔感があって大人ネイルの雰囲気ばっちりです。ラインストーンなどをほんの少しポイントでつけるだけでも存在感があります。そんなネイルが落ち着いていて、人前にも自信をもって手が出せると伺いました。

シンプルなヌーディーネイルは、自分の肌に合うカラーを選ぶ時に時間をかけます。季節を考えて少し明るめにしたりダークにしたり。シンプルネイルが気になる方は、自分の手指を美しく見せてくれる基本の色を探してみましょう。

好きな色が合うわけでなく、実際に爪にのせてみると手肌の色味が変わって教えてくれます。白い肌の方が濃い目のベージュは重くなってしまいます。冬の寒い時期の肌のトーンが暗い時にオレンジピンクは、ますます肌をくすませてしまいます。

メーカーによっても発色が違いますので、担当のネイリストの方と相談して探してみましょう。

ヌーディーなネイルのイメージ
画像出典: fotolia

モチベーションを保つためにキラキラネイルがお手伝い

なんといってもキラキラが大好き。キラキラしていないと気分があがらなくてダメという方も少なくありません。

仕事的にNGでなく希望のデザインが出来る方に限られてしまいますが、ラインストーンでモリモリに飾ったり、ラメやラインストーンなどでピカピカのデザインを施すと「安心する」。この境地まで行きついている方は、なかなかのキラキラネイルマニアです。

女子は基本的にキラキラ好きな方が多いようですが、特に制限がない場合は思いっきり楽しんでしまうのがよいですね

キラキラのネイルのイメージ
画像出典: fotolia

こだわりの長さがポイント

とても短くギリギリに整えることが好きな方と、日常生活に影響があるのではないかと心配してしまうくらい長い爪を好む方が、両極端ですがいらっしゃいます。どちらにも少しだけリスクがあります。

短く切りすぎてしまうと爪が皮膚に食い込んでしまい、そこから炎症を起こしてしまうこともあります。仕事上問題が無ければ出来れば1ミリくらい爪を残して切り揃えることをおすすめします

逆に長すぎる方は引っかかりやすいので生爪をはがしてしまったり、亀裂が入りやすいこともあります。地爪では、お肉についているピンクの部分の1/3位の長さがおすすめですが、それよりも長い爪にしたい方は、自分でコントロールができる長さを見つけてみましょう。

よく「そんな爪でごはんが作れるの?」といわれて悔しいと漏らしているお客様。感心するくらい、長い爪を上手く使って、家事も仕事もバッチリこなしているのです。

適度な爪の長さのイメージ
画像出典: fotolia

自分らしいネイルは移り変わる

その日の気分や時には季節まで感じながら、好きな心地良いデザインで指先を飾る楽しみがネイルの魅力ですよね。でもこの心地よい好きなデザインは、自分の中で少しずつ移り変わっていくようです。

例えばビビットなカラーが好きな方が、クリアのシンプルなデザインに目が行くようになったり、長い爪が好きな方が出産をきに短く整えて、ケアの魅力に気がついたり。爪を伸ばすことが無かった方が、自分の少し長く伸びたきれいな爪の形に喜びを感じたり。

あまり人目を気にせず、その時々の自分らしいネイルを楽しむことも大切かもしれませんね。

執筆者:
sylvan

LINE@で美LAB.を

友だち追加数