胴長さんは〇〇に変化をつけるだけ!体型カバースタイリング 胴長さんは〇〇に変化をつけるだけ!体型カバースタイリング
画像出典: fotolia

胴長さんは〇〇〇〇に変化をつけるだけ!体型カバースタイリング

2016年12月29日
生まれ持った体のパーツは変えられない。変えられないからこそ、コンプレックスになりますよね。一見、他の人から見たらなんてことはない特徴でも、逆にチャームポイントになり得るだろうパーツも、自分自身が納得していなかったら、それはもうコンプレックス。そんな自分の体型と上手に付き合う方法として洋服の着こなし方に技があります。今回は、胴が長く見えるのがお悩みの胴長さん向けのスタイリングをご紹介します!

■気をつけることはウエストの位置!

背が高くても胴が長かったらバランスが悪く見える。ローウエストのデニムが似合わないなど、気になるポイントですよね。そんな胴長さんが、上手に体型をカバーするにはたった一つのことに注意すれば良いのです。

それが“ウエストの位置”。実際のウエストに合わせてボトムを履くと、それが目立ってしまう。なので、着丈の長いトップスを着たり、ハイウエストと呼ばれるボトムを履くのが正解!

■足を長く魅せたいならハイウエストコーデ

胴長をカバーするだけでなく、足を長く見せたい。その場合はウエストの位置を、通常よりも上にしたハイウエストタイプがオススメ。ショップで売っている、ハイウエストパンツやハイウエストスカートとの相性はもちろん、胸下に切り替えのあるエンパイアワンピースなども効果があります。

また、今期トレンドのロングガウンの上から、高い位置で細いベルトをONすることで旬な着こなしプラス足長効果を手にすることが出来ます。

ハイウエストコ―デのイメージ
画像出典: fotolia

■今っぽさを取り入れるならローウエストコーデ

胴が長いなら、ウエストにメリハリをつけるとスタイリッシュになる。それともう一つ、胴の長さを感じさせないスタイリングとしてローウエストコーデがあります。

ローウエストはハイウエストの反対で、通常の位置より腰に近い位置でウエストの切り返しがある。これだと余計、胴長を強調されるのでは?と思いがちですが、ウエストの位置を隠したスタイリングなので、実は問題なく着こなせます。

トレンドのロング丈トップスとロングスカートの組み合わせも似合うので、旬なスタイルをしたい時はローウエストコーデにしましょう!

ローウエストコーデのイメージ
画像出典: fotolia

■体型を上手にカバーしよう♡

脂肪がついた部分は努力次第で減らせます。でも、身長や腕、胴などの長さは変えられません。だからこそ、こんな時に役立つのが服装の着こなしであり、小物達。

コンプレックスは自分でなんとかするしかないのなら…。服装によるカバーでコンプレックスを克服しましょう!

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数