涼しくなっても油断大敵!一年中気をつけたい「UV-A」の正体とは? 涼しくなっても油断大敵!一年中気をつけたい「UV-A」の正体とは?
画像出典: fotolia

涼しくなっても油断大敵!一年中気をつけたい「UV-A」の正体とは?

2016年11月20日
真夏は誰しも気にする紫外線。涼しくなってきたし、日差しも弱くなってきたから大丈夫!と気を抜いてはいませんか?紫外線は目に見えないけれど年中気をつける必要があるもの。今回は特に意識したいUV-Aについて考えていきたいと思います。

紫外線には種類がある?

UVケアと聞くと、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか?とりあえずUVケアができるアイテムをベースメイクに入れて見たり、日傘をさしたり。

いろんなガード方法があると思いますが、紫外線には種類があります。それぞれにあった対策とは、一体なんでしょうか?主な紫外線を見ていきましょう。

1、紫外線A波(UV-A)
2、紫外線B波(UV-B)
3、紫外線C波(UV-C)

というように3つに分けられます。とは言っても、UV-Cはとても短いため、地上までは届きません。

つまり私たちに関係してくるのは、UV-AとUV-B。この違いについてもう少し詳しく見ていきたいと思います!

UV-AとUV-Bのイメージ
画像出典: fotolia

一年中ある生活紫外線は「UV-A」

涼しくなっても気をつけたいのが、上記の2つのうちUV-Aの方。生活紫外線とも呼ばれていますが、普段の生活に密着した紫外線だからです。

UV-Bはレジャー紫外線なので、一年を通してみるとやはり夏が一番多め。一方UV-Aは秋から冬にかけても弱まりが低く、目に見えないからと言って油断はできません。

そこで、涼しくなって来てからの紫外線対策のオススメは、デイリースキンケアとメイクにUV-Aを防止するPAを取り入れること。筆者自身はスキンケアの中で使用する乳液にPA、そして化粧下地とファンデーションにもPAを含んだものにしています。

真夏ほど日焼け止めをワンクッション挟むほどではないですが、日頃のケアに含まれているというだけで手間も省けて◎。

UVカットのファンデーションのイメージ
画像出典: fotolia

終わりに

これからのシーズンはデイリーの中に、紫外線ケアを取り入れるのがポイントになりそう。頑張らないケアを心がけて見てくださいね!

執筆者:
HARAKO

LINE@で美LAB.を

友だち追加数