3つの原因から作られるクマを正しくケアして、若々しさを取り戻そう!【パート1 青クマ編】 3つの原因から作られるクマを正しくケアして、若々しさを取り戻そう!【パート1 青クマ編】
画像出典: fotolia

クマは3つの原因からつくられる!正しいケア方法【青クマ編】

2016年10月26日
若い頃は夜更かししても多少疲れてもクマなんて出来なかった!というあなた。気づけば朝鏡を見るとクマがひどいなんて経験はありませんか?実はクマの原因は3種類。原因を突き止めて正しくケアしていくことが大事なのです。

出来るのが日によってバラバラ

毎日クマができるわけではないけれど、たまにどんより青くなっている。そんなあなたはズバリ「青クマ」タイプ。

血行不良型のクマに分類されており、血液が滞っている状態の可能性があります。お顔の中でも皮膚が薄いとされている目の周りは顕著に現れるので、お顔のコリを感じるなら要注意。

もしも青クマなのか判断がつきにくい時には、皮膚を少し引っ張ってみてください。完全には消えないんだけど、ちょっと薄くなるかも…?という状態なら、血行不良型に当てはまると思います。

クマを気にするイメージ
画像出典: fotolia

スキンケアにプラスしたマッサージが◎

そんな青クマ撃退方法は、日頃からフェイスマッサージを習慣化させるのがオススメです。実は私自身、この青クマができやすく、毎日ではないにしろ突然現れることがあるんですよね。

朝起きて慌ててマッサージをしても、すぐにはクマが取れないのも事実。夜寝る前に保湿クリームをつけるのと同時に、リンパを流したりこめかみを押すことで血流が良くなると感じます。

マッサージのイメージ
画像出典: fotolia

朝起きた時の独特なむくみが取れるので、ぜひ少しのフェイスマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。またお風呂に浸からずにシャワーだけで汗を流す方も、時間に余裕がある時はゆっくり浸かるのが◎。

「血行不良=冷え」にも繋がっているので、体全体を温めることを意識してみてくださいね!

次回は・・・

まだまだ続くクマHowTo。次回は年齢によるクマについてご紹介したいと思います。原因は一つではないので、ぜひご自身のタイプを見極めてみてくださいね♡

執筆者:
HARAKO

LINE@で美LAB.を

友だち追加数