ジム、ヨガ、エアロビ、ダンス・・・、ちょっと待って!あなたにとっての運動とは? ジム、ヨガ、エアロビ、ダンス・・・、ちょっと待って!あなたにとっての運動とは?
画像出典: fotolia

ジム、ヨガ、エアロビ、ダンス・・・、ちょっと待って!あなたにとっての運動とは?

2016年06月02日
こんにちは。「セラサイズ」インストラクターのHIROKOです。突然ですが、皆さんは「運動しなきゃ!」と思ったら何をしますか?ジムに行きますか?ヨガやエアロビ、ダンスにピラティス、それとも、お金をかけずに走りますか・・・!?

あなたにとっての運動とは・・・?

ジムは、もともとアメリカから入ってきた文化です。それでは、アメリカではジムへ行く目的はなんでしょう。

セラサイズ(細胞活性ストレッチ理論)開発者が以前、アメリカに渡り、有名なジムをめぐり調査したところ、すべての方が「マッチョになりたいから」と答えました。アメリカではマッチョがモテるので、筋肉隆々の男性の横にはメリハリボディの美女がつきもの。それを目指しているのです。

マッチョな男性のイメージ
画像出典: fotolia

さて、私たち日本人は何を目指していくのでしょう。もちろんマッチョを目指す人には、大きい筋肉を鍛えるジムはとても有効的。頑張って運動した感覚が好きな人にも、精神的な意味でも良いですね。ただ、そうではなく健康になりたい、またはパフォーマンスを上げたい方のほうが多い気がします。

元気になるための近道

以前の記事にも書きましたが、体すべての筋肉をバランス良く使えるようになれば、健康もパフォーマンスアップも手に入れることができます。細胞学的には、適度な刺激が繰り返し入れば細胞は変化するので、頑張って筋肉痛になるまで運動しなくても、体は変わります。

リラックスして深呼吸する女性のイメージ
画像出典: fotolia

負荷は大きいほど良いというのは、少し違うのです。逆に頑張って負荷をかけすぎると、細胞が壊れたりケガのもとになります。そこまでしなくても筋肉は変化するのです。また適度な刺激をゆっくり入れることで、ストレスたんぱくが発現して壊れた細胞を修復してくれる作用もあります。

もう一度自分の目的を考えてみましょう

健康やパフォーマンスアップには、自分の体やその時の体力に合った、適度な負荷の全身のバランスを整えるような運動が最適だと言えます。ですので、セラサイズスタジオでは合言葉が『がんばらない』 なのです。

一生懸命走るランナーも、上半身と下半身のバランスが良くない方も少なくありません。筋肉と脳のバランスを整えればタイムも上がります。そしてその運動をする時には、楽しく笑いながらできればより効果的ですし最高ですね!

さぁ・・・、あなたは今日何をしますか?

執筆者:
HIROKO

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい