まぶたのたるみが気になり始めたら、試してみて!シンプルアイメイク まぶたのたるみが気になり始めたら、試してみて!シンプルアイメイク
画像出典: fotolia

まぶたのたるみが気になり始めたら、コレを試してみて!シンプルアイメイク法

2016年03月13日
最近アイラインがうまく描けなくなった、アイシャドウでグラデーションを作るとイマイチ。そんな経験がありませんか?それは、まぶたのたるみのせいかもしれません。今までと同じアイメイクをしていては、あなたのエイジングサインを悪目立ちさせる恐れがあります。そこで、今回は、まぶたのたるみが気になり始めたら試して欲しい、シンプルなアイメイクの方法をご紹介したいと思います。

まぶたのたるみが気になり始めると現れる悩みとは?

まぶたのたるみが気になり始めると、いつものアイメイクの仕上がりがイマイチになってしまう、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。それもそのはず、アイメイクを行う際は大抵目を閉じて行うため、目を開けた時にまぶたがたるんでいると、アイラインがまぶたに埋まってしまう、グラデーションが部分的に隠れてしまうと一体事態が起こってしまうのです。

ですから、まぶたのたるみが気になり始めたら、アイメイクの方法もこれまでと変えていく必要があります。

まぶたをチェックするイメージ
画像出典: fotolia

まずは自分のまぶたの状態をチェックしましょう。まぶたを軽く指で引っ張るなどしてどの程度たるみが進んでいるか把握することが大切です。

まぶたのたるみが気になる場合はグラデーションはやめる

まぶたのたるみが気になる場合は複数の色を使ったグラデーションはやめ、アイシャドウは1色または2色で仕上げるのがおすすめ。

1色で仕上げる場合はアイライナーで目の際を引き締め、2色で仕上げる場合は二重幅程度にシメ色を使うといった方法でアイメイクを仕上げましょう。そうすれば、まぶたのたるみがそれほど気にならず、スッキリとした印象に仕上がります。

ただし、アイテムを選ぶのにいくつかポイントがあります。まず、アイホール全体に塗るアイシャドウは肌の色を明るく見せてくれる色を選ぶこと。肌のトーンに合うベージュや明るめのブラウンなど、自分の肌を明るく綺麗に見せてくれる色を選ぶようにしましょう。

そして、粒子の細かいパールが配合されたものを選ぶのが◎。まぶたにツヤがでるためくすみを払拭するのにも効果が期待できますよ。

アイシャドウのイメージ
画像出典: fotolia

シメ色のアイシャドウやアイライナーはアイホール全体に使用したアイシャドウの色と相性がよく、肌をくすませない色を使用するようにしましょう。

シンプルなアイメイクに仕上げると、悩みが容易に解消できる見込みがあります。時には引き算をしながら今の自分に合うメイクを模索するのも大切。参考にしていただけましたら幸いです。

執筆者:
遠藤 幸子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

エイジングケアカテゴリから探す