【化粧水のつけ方比較】コットン派?手のひら派?正しいスキンケアHowTo♡ 【化粧水のつけ方比較】コットン派?手のひら派?正しいスキンケアHowTo♡
画像出典: fotolia

コットン派?手のひら派?正しいスキンケアHowTo♡【化粧水のつけ方比較】

2016年02月23日
毎日のスキンケアに欠かせないのが「化粧水」ですよね。さっぱりタイプから保湿重視タイプまで様々なアプローチが存在する化粧水ですが、皆さんはどうのようにお肌につけていますか?今回は「手のひら」「コットン」のつけ方にどのような違いがあるのか比較してみたいと思います。

それぞれの特徴を比較してみよう

《コットン》
・肌の表面を整えながら化粧水を塗ることがきる
・浸透しやすく均一に伸ばしやすい
・強すぎると摩擦による刺激も考えられる
・化粧品の使用量が手に比べて多くなる
・摩擦を防ぐためにヒタヒタになるように液を含ませる

コットンでつけるイメージ
画像出典: fotolia

《手のひら》
肌への刺激が少ない
・温もりで浸透効果を高めることができるとも言われている
・化粧水の量がコットンより少量
むらつきやすいので注意
・清潔な手のひらで付けることが大切
・目の周りは力を入れないようにすること

手のひらでつけるイメージ
画像出典: fotolia

こうしてメリットデメリットを比較してみると一長一短で、一概にどちらが良いというのは決めにくいことでもありますよね。

化粧品のタイプ別に使い分けてみよう

上記の比較から、化粧水の特徴によって使い分けをしてみると良い思います。例えば私の場合、保湿タイプのこってりとしたテクスチャーの商品は手のひらで馴染ませながら。さっぱりとしたサラサラタイプの化粧水はコットンヒタヒタで。など、それぞれのメリットが発揮される使い方がオススメですよ♡

コットンにも様々な繊維の素材があるので、綿100%などの柔らかく肌触りの良いものを選んでみてくださいね。

執筆者:
HARAKO

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

エイジングケアカテゴリから探す