生理中のお肌のトラブルアロマテラピー編! 生理中のお肌のトラブルアロマテラピー編!
画像出典: fotolia

イライラ解消やむくみ対策にも!生理中の肌トラブルに効くアロマテラピー

2016年02月21日
女性のお肌はとってもデリケート。生理前後でお肌も変わってしまいます。口の周りのニキビ、乾燥、お顔の浮腫みなどなど、トラブルがあると人に会いたくなくなりますね。そんな時にアロマテラピーを有効活用してみましょう!

生理前のお肌には

黄体ホルモンの影響でいらいらしたり、誰かにあたったりしてしまうこともあるかもしれません。それはホルモンのせいにしちゃいましょう!

ホルモンの影響で皮脂分泌も活発になり、口の周りやあごにぽつんとニキビができることもあります。クレイパックを行ってもいいですし、精油での簡単なフェイシャルスチームバスもおすすめです。

フェイシャルスチームバスの方法

ほうろうなどのたらいに少し高めの温度のお湯を用意します。この時プラスチックのたらいですと、すぐに温度が下がってしまいます。精油を3滴ほど入れます。上からバスタオルをかぶってスチームバスに。

【皮脂バランスにお勧めの精油】
ローズゼラニウム、ラベンダー、パルマローザ、プチグレン

皮脂バランスが整うだけではなく、リラックス作用が期待できる精油達で。お好きな香りを選んでくださいね。

フェイシャルスチームバスのイメージ
画像出典: fotolia

生理中のお肌には

お肌が一番敏感になっている時期。普段のスキンケアでもトラブルになることがあります。そしてもう一つ。生理中は普段の体温よりも少し下がり気味になり、血行も悪くなりがちです。軽いウォーキングなどで体を温めてあげることを意識してあげましょう。冷たい飲み物はNGです。

お顔の浮腫み、血行不良対策に

【クラリセージ】
クラリセージはホルモン様作用があると言われていますが、お顔の浮腫み対策にも使える精油です。また、クラリセージには酢酸リナリルという成分は多量に含まれているため、生理中のイライラにもお勧めです。

画像出典: fotolia

寝る前にほんのひと手間かけてフェイシャルマッサージをしてあげると、質のよい睡眠も促されて代謝もアップされるのではないでしょうか。

執筆者:
佐藤 ユミ子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数