ちょっとしたひと手間で、自分だけのボディケア剤を手にいれよう! ちょっとしたひと手間で、自分だけのボディケア剤を手にいれよう!
画像出典: fotolia

アロマオイルにちょこっとプラス♪目的に合わせて、自分だけのボディケア剤を作ろう!

2016年01月16日
ボディ用のオイルなどでお手入れしている方も多いと思いますが、手持ちのオイルにひと手間加えることで、いろいろなものに変身させることができます。

ジェルベースを加えてみよう

ジェルベースを加えたイメージ
画像出典: fotolia

この写真はセントジョーンズワードオイル、アプリコットカーネルオイルなど、目的に応じて選んだオイルにジェルベースを混ぜて使いやすくしたものです。オイルだとべとついてという方は、このひと手間でとても使いやすくなります。また、精油を加えることで相乗効果が生まれますね。

【作り方】
ジェルベース15㎖、オイル5~10㎖程度、精油適量

オイルとジェルの配合はどのオイルを使うかで変わってくるので、混ぜながら写真のようにとろんとするまでジェルベースを加えてください。

みつろうを加えてみよう

みつろうとは、みつばちの巣から蜂蜜をとった後に採取したもので、液体のワックスです。オイルとみつろうを合わせて湯煎に溶かし、精油を加えることで目的に合わせたものを作成できます。

オイルのみだとすぐに吸収してしまいますが、みつろうを加えることで、肌にとどまる時間が長くなります。ガサガサ肌、かかとのケアなどはみつろうを加えるといいと思います。

画像出典: fotolia

【作り方】
オイル25㎖、みつろう5g程度、目的に合わせた精油を4~10滴

1. ビーカーにオイルを入れてその中にみつろうを入れる
2. みつろうが溶けるまで静かにまつ。(時々かき混ぜる)
3. 容器(遮光瓶)に移す
4. 回りが白くなったら精油をすばやく入れてかき混ぜる
5. 固まるまで待つ
6. 使ったビーカー、ガラス棒はすぐにふき取ること。(固まるととれにくくなるので)


痒み、炎症、肌荒れ、乾燥
には、ラベンダー、サンダルウッド、カモミールローマン、カモミールジャーマン、ミルラ、スプリュースなどの精油がお勧めです!ぜひ、あなただけのオリジナルケア剤を作ってみてください。


執筆者:
佐藤 ユミ子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数