この怒りを鎮めたい!イラっとした時の対処法 この怒りを鎮めたい!イラっとした時の対処法
画像出典: fotolia

この怒りを鎮めたい!イラっとした時の対処法

2015年11月10日
仕事でもプライベートでも、生きていれば、何かとイラっとしたり、むかついたりするものです。でも、そこでそのまま感情をぶつけても、よくない結果に終わることが多いもの。今回は、その「イラっムカっ」と上手につきあう方法をご紹介します。

6秒深呼吸してみる

人は、その時感じた感情をすぐに出してしまいがち。でも、6秒待って深呼吸すれば、瞬時に出た感情が少し静まるというものです。感情が鎮まれば、イラっとした瞬間に感じた感傷的な気持ちも変わって、適切な対応ができるはずです。

画像出典: fotolia

それでもダメなら、一晩寝る

それでも、どうしても怒りが収まらない時は一晩寝て考え直してみましょう。人の脳というのは不思議なもので、1晩寝ることで頭もすっきりし、怒りの感情も大抵は忘れてしまうものです。

「あの人はこう思ったから、あんなことをしたんだな」「あのときの言動には理由があったんだな」などと、怒りの矛先が向かっていた人のことの、その時の感情まで理解しやすくなります。

怒りを変えて、逆に謝ってみる

自分が怒りを感じた時は、ひょっとして自分にも非があったのかもしれません。これはなかなか難しいかもしれませんが、怒りを覚えた相手に逆に「あの時はごめんなさい」と謝ってみましょう。

すると、相手も冷静になり「ああ、自分も悪かったんだな」「ちょっと言いすぎたかもしれない」と不思議なことに反省の気持ちが湧いてくるものです。

謝るイメージ
画像出典: fotolia

感情をコントロールする

ムカッと、イラっとという感情は、感傷的になっている証拠。その怒りをそのまま相手にぶつけても、決していい結果にはなりません。時間をおく、冷静になって考えてみるなどして、自分の感情をコントロールできるのが、大人の女性の作法というものです。

執筆者:
長岡 宏江

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

女磨きカテゴリから探す