実はよくない!すっぴんマスクの真相とは 実はよくない!すっぴんマスクの真相とは
画像出典:

実はよくない!すっぴんマスクの真相とは

2017年01月30日

すっぴんにマスク、手軽で良いと思う人も多いでしょう。中には、「すっぴんにマスクをすれば顔が分からないから」とマスクをする女性もいるかもしれません。しかし、実はすっぴんマスクは美容には悪影響らしいのです。

高温多湿なマスク内部

マスクの中で呼吸が行われますから、自然と高温多湿になります。するとどうでしょうか・・・。

雑菌の好む場所として、高温多湿という環境があります。そのため、ニキビや吹き出物など肌トラブルが起こる原因となります。例えるなら顔にパンツを履いているようなものだ、という研究家もいるそうです。

肌荒れの可能性

マスクといえども、肌がこすれることは必須です。ずっとつけていると、摩擦によって肌ダメージが加わることもあります。乾燥や肌荒れしやすい女性がマスクを長時間つけているのは、さらなる肌トラブルの原因になることもあります。

綿のマスクをすること

もし乾燥肌や肌荒れしやすい女性で、どうしてもマスクが必要と言う場合は、肌に優しい綿のマスクを使用することをおすすめします。 また、三次元マスクやぴったりしたマスクより、若干大き目マスクを選ぶこともポイントのようです。

すっぴんで外出してもOKだからマスクは便利!と思っている女性も、今一度考え直してみましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数