キレイな涙袋を手に入れる為のテクニック5選 キレイな涙袋を手に入れる為のテクニック5選
画像出典:

キレイな涙袋を手に入れる為のテクニック5選

2017年01月12日

涙袋を手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか?「そもそも涙袋ってあったほうがいいの?」という質問があがりそうですが、一般的に愛らしく見えるという意見があるのは確か。ということで、綺麗な涙袋をつくるためのテクニックをご紹介します。

トリートメントやワセリンを塗る

目の下の骨に沿ってやさしく押し上げるというハンドトリートメントを続けることにより、涙袋ができると言われています。これなら毎日でも継続できそうですね。

トリートメント後にワセリンを塗って保湿しておくと、さらに涙袋ができやすくなるとも言われています。

ヒアルロン酸注入、美容液を塗ること

きれいな涙袋をつくりたいという場合、ヒアルロン酸注入という方法もあります。効果の持続期間は限られており、定期的にメンテナンスが必要となりますが、それでも美しい涙袋を手に入れたいと思う人はクリニックのHPなどをチェックしてみましょう。

また、涙袋ができるとうたっている美容液を塗って寝るという方法もあります。こちらは美容成分がたっぷり含まれた専用の美容液を使って、涙袋をつくるというものです。

メイクで涙袋はつくれる!?

「もっと簡単に涙袋をつくりたい」という人にはメイクがオススメ。笑った時にできる場所が涙袋のある場所なので、そこに沿って薄いブラウンのアイラインで線を描き、パールの入ったハイライトを乗せます。 その後、目じりにブラウンを入れ、陰影をつけてぼかして出来上がり。わざとらしくならないように注意が必要です。

この中で最も手軽なのはワセリンや美容液、メイクなのではないでしょうか?メイクはテクニックがそれなりに必要ですが、慣れると簡単に描けます。 ぷっくり涙袋を手に入れて、愛らしい印象の女性になりましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数