面倒なドライヤーの時間をグッと短縮させるテクニック 面倒なドライヤーの時間をグッと短縮させるテクニック
画像出典:

イライラしないで!面倒なドライヤーの時間をグッと短縮させるテクニック3つ

2017年08月03日

ただでさえ暑い夏。なかなか乾かない髪の毛を、汗だくになりながらドライヤーで乾かすのは辛いですよね・・・。

しっかりタオルドライ

まず皆さん、タオルドライはしっかりできているでしょうか?このタオルドライがしっかりできていないと、ドライヤーの時間が長くなってしまい、疲れてしまったり、途中でイヤになったりするんですよね。

タオルでしっかり水気をきって、その後、ティッシュで水気をさらに拭き取ると効果的です。

タオルをかぶって乾かす

髪の毛にタオルをかぶせ、その上からドライヤーをかけるという方法がありますが、あまり知られていないと思います。

パーマヘアの人はドライヤーでクセをつけながら乾かすため、このタオルをかぶってのドライヤー法は使えませんが、ストレートの人はぜひ試してみてください。

低温ドライヤーを使う

低温ドライヤーは、髪の毛に近づけても髪の毛が火傷しないんですよね。そのため低温ドライヤーの風量をマックスにしても、髪の毛が傷まずしっかり乾くと言われています。

また、下を向いて髪の毛が宙ぶらりんになった状態で乾かすと早く乾くという声も聞かれます。これは髪の毛の根元がすぐに乾くため、ドライヤーの時間を短縮できるというものなので、あながち間違ってはいません。しかしキューティクルの向きと反対にドライヤーしてしまうので、髪の毛のツヤがなくなってしまうことになりますから注意が必要です。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数