【下ぶくれ編】顔型別!カバー効果のあるヘアスタイル&アレンジ術 【下ぶくれ編】顔型別!カバー効果のあるヘアスタイル&アレンジ術
画像出典:

【下ぶくれ編】顔型別!カバー効果のあるヘアスタイル&アレンジ術

2017年06月01日

顔の形によって似合うヘアスタイルは変わってきますが、ヘアスタイルやスタイリングで顔の型の欠点をカバーすることができます。本日は、下ぶくれをカバーしてくれるヘアスタイルをご紹介します。

下ぶくれカバー効果のあるへアルタイルは?

下ぶくれというくらいですから、下にボリュームがあるのでヘアスタイルはその逆を選びます。トップにボリュームを出すことで、頬のあたりから視線をそらすことができます。ただし、全体にボリュームを出してしまうと余計に顔が大きく見えるのでNGです。

また、頬から下を隠したいからといって、髪で顔を覆うようにするのはあまり良い印象ではありませんし、顔に髪がかかるのは不衛生です。少し短めのボブで毛先を軽くすると、上手にカバーできます。

ロングヘアのヘアアレンジ

ロングヘアの場合は、そのまま下ろして顔周りを隠すこともできますが、なんとなく暗く重たいイメージになってしまいます。下ぶくれをカバーするには、こめかみの辺りにポイントを持ってくるとバランスが◎。サイドをハーフアップにしたり、編み込みなどがいいと思います。

後ろでひとつにまとめるとスッキリするように思えますが、顔がむき出しになると目立つのでNGです。

前髪にもひと工夫

前髪がある人はパッツン前髪よりも、少しサイドに流した方が頬が目立ちません。分け目も、少し斜めにした方がより自然に視線をそらすことができます。センター分けは、逆に下を目立たせるので少し分け目を変えてみるといいと思います。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

エイジングケアカテゴリから探す