顔型別(卵・丸型・面長・三角)★似合う「ピアス」診断 顔型別(卵・丸型・面長・三角)★似合う「ピアス」診断
画像出典:

顔型別(卵・丸・面長・ベース・逆三角)★似合う「ピアス」診断

2017年04月23日

顔というのはどうしても一番先に目が行くので、顔の形である程度印象は決まってしまいます。アクセサリーなども顔の形で選んだほうが、自分に似合うものを見つけやすいと思います。本日は顔型別に似合うピアス診断をしてみましょう。

卵型・丸型

顔が卵型や丸型の人は、少し幼い印象を持たれてしまうことがあります。このタイプには、長さのあるロングピアスがおすすめです。アメリカンピアスと呼ばれる、細いチェーンの先にワンポイントのチャームや宝石が付いているものも人気です。

面長型・ベース型

面長さんの場合は、ワンポイントピアスがおすすめです。長さやボリュームのあるピアスは縦を強調してしまうので、余計に顔が長く見えてしまい逆効果です。一粒ダイヤやパール、ルーフタイプでも1センチ程度のものなら大丈夫。ポイントは、耳たぶを隠さない程度の小さくてシンプルなピアスを選ぶことです。このタイプのピアスは、ベース型の人にもおすすめです。

逆三角系型

顎に向かって細くシャープな逆三角形型の人は、ボリュームのあるピアスも良く似合います。フックとフープの組み合わせも良いですし、下に向かうほどボリュームのあるティアドロップ型のピアスもおすすめです。

好みもあると思いますが、顔の形で選ぶと欠点を上手にカバーできるので全体のバランスも整います。後は金属の種類や宝石の種類を、ほかのアクセサリーや洋服の色に合わせてみるのもいいですね。ピアスだけでなく、イアリングでも同じです。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

エイジングケアカテゴリから探す